エコジャーナル eco journal

マチダコーポレーションがお届けするエコライフを考えるウェブマガジン
SPECIAL FEATURE TECHNOLOGY REPORT PRODUCT ECO CIRCLE ECO STYLE ABOUT US

TECHNOLOGY

ブロック塀のReduce!


ブロック塀の汚れの正体
みなさんが、普段目にするブロック塀の汚れの正体は何だと思いますか?実は、菌とカビと酵母・藻類が多いのです。菌とカビと酵母・藻類は似ているようで違うものであり、三つとも微生物の仲間ですが、大きな違いは、その繁殖の仕方にあります。



■菌
細胞分裂で増加し、大体ひとつの細胞で一生を過ごします。

■カビ
胞子を空気中に飛出させ建物や食物などに付着させ、水分や栄養の条件が整うと胞子から菌糸を伸ばし伸糸体を形成して繁殖していきます。

■酵母・藻類
水を利用し光合成をする生物のうち、陸上に生息するコケ、シダ、種子植物を除いた全てをいいます。
ブロック塀に汚れが付着してしまう原因は、年数の経ったコンクリートブロックが、降雨、降雪などの気象条件により少しづつですが風化によって表面が多孔質化しているため凹凸を生じ吸水しやすくなり、カビ・菌・酵母・藻類などの付着によって汚れを生じるのです。

そこで…SC加工

「ビーキューブ ネオ」プレシャスカラーに採用!

シンプルモダンをイメージした飽きのこない造形のブロックです。カラー名にSCがついているのが、SC加工品です。

※SCとはサスティナブルコートの略です。サスティナブルとは、「持続可能な」という意味です。この言葉は、最近では、地球環境に配慮した経済活動を指す言葉として使われています。そこで、私たちが開発したコンクリートブロックに高耐久性で持続可能なブロック塀という意味を込めてSC加工と名づけました。
ブロック塀の抗菌・防カビ/撥水・撥油

抗菌とは微生物の発生・成育・増殖を抑制することで、防カビとは細菌/微生物の集合体であるカビの発生・育成・増殖を安全に長期間抑制することです。これまでブロック塀は、時間とともに汚れてしまうというのが現状であり、とても悩まされてきました。そこでブロック塀に抗菌、防カビの技術を施し、更に、ブロック表面に特殊化合物を塗布することにより水はもちろん油もはじくことが可能になり、年月が経っても汚れを抑制することが可能となりました。また、本来、ブロック塀は常に外気に接する過酷な環境にあるため約20年で鉄筋にさびが認められるようになりますが、この技術によって汚れ防止とともに、酸性雨によるブロック表面の劣化防止、ブロック塀に雨水等が浸入し、鉄筋のさびが発生することを抑制してくれると期待できます。



このような抗菌・防カビ、撥水・撥油の技術により、なるべく長く、きれいに保てる高耐久性のブロック塀となるのです。
抗菌・防汚・高耐久性を追求した「SC加工」の紹介
SC加工は、以下の特長によりブロックを長く、きれいに保ちます。
1. 菌・カビ・酵母・藻類の付着を防ぎます。
2. 水・油をはじくため、防汚効果があります。また酸性雨からコンクリートを守ります。

抗菌・防カビのメカニズム

右の写真は、SC加工の有無による菌・カビの培養状況の比較を示したものです。
寒天培地の中心にブロック試験片を埋め込み、菌・カビ類の増殖状況を比べると、無加工のブロックの回りには菌・カビ類が増殖してきますが、SC加工を行ったブロックの周囲には、菌・カビ類が成長してこないことがわかります。
このSC加工の抗菌・防カビのメカニズムは、まだ完全に解明されているわけではありませんが、菌の細胞膜や細胞壁の破壊その他種々の作用によるといわれています。

防汚(撥水・撥油)のメカニズム

泥分やほこりを含んだ水滴や油滴が、ブロック表面に付着・浸透して、液体が蒸発した後、泥分やほこりはそのまま汚れとして表面に残ります。従って、泥分やほこりを含んだ水や油で表面が濡れずに、はじいてしまうようにすれば、汚れの付着そのものも防げることになります。
そのためには、水や油をはじく撥水・撥油加工をほどこすことで、この目的が達成されます。上の写真は左側が防汚無加工の場合ですが、表面が水や油で濡れ、浸み込んでしまっている様子を示しています。中の写真は、一般的なシリコン系撥水剤の例です。水ははじきますが、油類には濡れてしまっています。一番右の写真が、当社のSC加工を施したブロックです。水とともに油もしみ込み難く、液滴状にはじいている様子が良くわかると思います。

撥水、撥油加工はこんなところにも利用されています!!

水や油をはじく撥水・撥油加工は、様々な方面で利用されています。
以下にその例を挙げました。いろいろな用途があるものですね。
・雨滴をはじく傘の布
・自動車ボディーの撥水コート
・汚れた水の付着しにくい屋根や碍子
・雨の日にも濡れにくいスーツや上着
・防水・防油処理した紙コップや紙製皿
・コーヒー等をこぼしても汚れにくいカーペット

このような撥水、撥油加工に抗菌・防カビを加えたのがSC加工です!
TECHNOLOGY
Vol.7 ブロック塀のReduce!

Vol.6 「フロンガス」をリサイクルしたインターロッキングブロック

Vol.5 大気を浄化する化粧ブロック「ソアラブリック」

Vol.4 太陽を浴びて大気浄化(光触媒技術)

Vol.3 木炭の神秘

Vol.2 熱環境と舗装

Vol.1 持続可能な資源生産性の追求


Tech Report
福祉とエコに配慮した『保水性平板』


エコジャーナルブログ
このページのトップへ

マチダコーポレーション Copyright 2006 MachidaCorporation,Ltd. All rights reserved. プライバシーポリシー